名古屋市港区地域包括ケア推進会議

認知症ガイドブック/名古屋市港区ケアパス

本人・家族を支援する主な制度やサービス等〈詳細〉

4. 医療(療養)このマークは介護保険が使えるマークです

訪問看護/訪問リハビリテーション/居宅療養管理指導

1. 訪問看護

看護師などが家庭を訪問して看護や診療の補助を行います。

2. 訪問リハビリテーション

理学療法士などが家庭を訪問して、リハビリテーションを行います。また、記憶の訓練なども行います。

3. 居宅療養管理指導

医師・歯科医師・薬剤師などが家庭を訪問して、療養上の管理や指導をします。

なお、ご自宅等への訪問看護や訪問リハビリテーション、薬剤師の訪問による服薬指導・管理などの居宅療養管理指導は、介護保険制度により利用できます。

病院(一般病床・医療療養型病床)/(精神科・認知症治療病棟)

一般病院では身体疾患を中心とした診療を行っています。治療を目的とする一般病床と、療養を目的とする療養病床があります。

また、精神科の医療機関では、認知症の専門診療を行っているところがあります。認知症と、認知症に似た症状のある心の病気(うつ病等)との鑑別診断や、幻覚や妄想、不眠やはいかいなどの精神症状の治療を主としています。

医療費自己負担軽減制度

自立支援医療

港保健所TEL:651-6471

自立支援医療は、一定の要件に該当する場合に、通院による精神障害の医療費の自己負担分の一部が補助される制度です。

福祉給付金支給制度

港区役所TEL:651-3251(代) 南陽支所TEL:301-8118

福祉給付金支給制度は、寝たきりや重・中度の認知症により生活介護を受けている方等、一定の要件に該当する方に対し、一部負担金が助成される制度です。